発達障害

愛着障害

毒親と発達障害

子供を束縛したり支配したりすることが異常なレベルに及ぶような母親のことを毒親と呼ぶようです。医学用語ではありませんが、広く使われているようです。子供に対して共感的、受容的にかかわることができず、自分の価値観の押し付け、行動の束縛、子供への批...
発達障害

発達障害「グレーゾーン」

精神科医の岡田尊司先生といえば、発達障害の治療における第一人者として知られる方です。その岡田先生の『発達障害「グレーゾーン」』というご著書をご紹介いたします。発達障害ではないかと悩んでいる人やわが子が発達障害かもしれないと心配している人は、...
自閉症スペクトラム障害

ネオニコチノイドと有機リンの農薬で発達障害が増加

浸透性農薬というのをご存知でしょうか。これはネオニコチノイド系農薬のことです。この種類の農薬は、野菜や果物に普及されつつありますが、皮をむいても、水にさらしても、とりのぞくことができません。従来の有機リン系農薬の場合は、ある程度、食べる前に...
スポンサーリンク
農薬汚染と発達障害

化学物質と発達障害の関係

自閉スペクトラム症(発達障害)とシックハウス症候群と子宮内膜症には共通項があります。それは、健康を害している原因の化学物質が存在している可能性が高いということです。ホルムアルデヒドなどの化学物質が特定されているシックハウス症候群と比べれば、...
発達障害

農薬や重金属と発達障害の関係

カドミウム汚染やネオニコチノイド系農薬の蓄積は、発達障害の原因だとする説があります。中国産の米の10%がカドミウム汚染しているということです。カドミウムはイタイイタイ病の原因になる有害な重金属ですが、発達障害も誘発します。カドミウムは微量で...
発達障害の子ども

親が変わらず発達障害の子供を変えようとしても

小児科の大御所であり、幼児教育の権威である田下昌明先生の著書によると、古い子育て学がいかに間違っているのかがわかります。豊かな情緒と道徳心をもった良い子を育てる最短の方法がわかります。それは親の愛を与えることだったのです。子供を無条件に愛し...
発達障害

小麦食品を減らしタンパク質を増やすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、タンパク質の摂取を増やしつつ、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、...
発達障害

発達障害が社会不安障害やスマホ依存症を生む

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、心療内科や精神科での治療の対象となっています。人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知...
発達障害の子ども

発達障害の子供の特性を生かして社会に出す

発達障害がある子供を育てていくとき、親が最初に心配することは、学校生活にうまく適応できるのか、ということです。そして、もう一つは、その先、社会人として生活していけるのかです。学校生活には教員やさまざまな支援が受けられますが、社会人、職業人と...
発達障害の子ども

発達障害の子供を上手に育てる

発達障害は発達がアンバランス 発達障害の子供を上手に育てることで、その症状を改善していくには、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。もっとも大切なことは、子供の持つ長所や特性を見極めて、それを伸ばすことです。好きなこと、...
スポンサーリンク