発達障害

発達障害

小麦食品を減らしタンパク質を増やすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、タンパク質の摂取を増やしつつ、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、...
発達障害

発達障害が社会不安障害やスマホ依存症を生む

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、心療内科や精神科での治療の対象となっています。人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知...
発達障害の子ども

発達障害の子供の特性を生かして社会に出す

発達障害がある子供を育てていくとき、親が最初に心配することは、学校生活にうまく適応できるのか、ということです。そして、もう一つは、その先、社会人として生活していけるのかです。学校生活には教員やさまざまな支援が受けられますが、社会人、職業人と...
スポンサーリンク
発達障害の子ども

発達障害の子供を上手に育てる

発達障害は発達がアンバランス 発達障害の子供を上手に育てることで、その症状を改善していくには、どのようなことに気をつけていけばいいのでしょうか。もっとも大切なことは、子供の持つ長所や特性を見極めて、それを伸ばすことです。好きなこと、...
自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害と就職

自閉症スペクトラム障害(発達障害)の症状 自閉症スペクトラム障害とは、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害などをひとまとめにした疾患概念です。今後は、発達障害という呼称よりも自閉症スペクトラム障害のほうが多く使用される流れとなるで...
大人の発達障害

発達障害と適応障害

発達障害の人は、学校や職場の人間関係で苦しむことが多く、その結果として、適応障害になることがあります。適応障害とは、ストレス障害に分類される精神疾患であるとされます。それは家庭における家族関係や、学校、職場などのストレスによって、本人の処理...
発達障害

発達障害を癒す愛着アプローチ

ADHDやアスペルガーに代表される広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害といった枠組みでとらえられる、いわゆる「発達障害」は、愛着アプローチという方法で生きる上でのさまざまな困難や苦悩からの回復が容易になることがわかってきています。
発達障害

うつ病と診断されるケースに発達障害が含まれる

発達障害の傾向があるために職場や学校で対人関係がうまくいかず、そのストレスから、引きこもるようになり、メンタルクリニックなどで、うつ病の診断を受けて、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方されているケースがかなり多いようです。うつ病と診断されると、...
大人の発達障害

認知行動療法は受け止め方の訓練

発達障害の人は認知のゆがみを抱えやすく、それが、うつ状態を引き起こしたりする大きな原因となっています。発達障害の人にとって、認知行動療法は非常に有益です。生きやすい思考の習慣を育てるのです。認知行動療法では、きっかけとなった出来事と、それに...
自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害と著名人

発達障害は、自閉症スペクトラム障害とも呼ばれ、いわゆる自閉症と広汎性発達障害とアスペルガー症候群のほか、注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)を含んでいます。人口の3%ともいわれており、それ以上に多いとも考えられています。ストレス...
スポンサーリンク