ピクノジェノール

発達障害の症状とピクノジェノール

発達障害とはADHDやアスペルガー症候群などの、脳機能の発達が遅れているために起きている疾患のことです。ADHDでは、不注意や多動、協調運動障害が目立ちます。アスペルガー症候群ではコミュニケーションがうまくできません。融通がきかず、決まりや...
自閉症スペクトラム障害

ネオニコチノイドと有機リンの農薬で発達障害が増加

浸透性農薬というのをご存知でしょうか。これはネオニコチノイド系農薬のことです。この種類の農薬は、野菜や果物に普及されつつありますが、皮をむいても、水にさらしても、とりのぞくことができません。従来の有機リン系農薬の場合は、ある程度、食べる前に...
農薬汚染と発達障害

化学物質と発達障害の関係

自閉スペクトラム症(発達障害)とシックハウス症候群と子宮内膜症には共通項があります。それは、健康を害している原因の化学物質が存在している可能性が高いということです。ホルムアルデヒドなどの化学物質が特定されているシックハウス症候群と比べれば、...
スポンサーリンク
発達障害

農薬や重金属と発達障害の関係

カドミウム汚染やネオニコチノイド系農薬の蓄積は、発達障害の原因だとする説があります。中国産の米の10%がカドミウム汚染しているということです。カドミウムはイタイイタイ病の原因になる有害な重金属ですが、発達障害も誘発します。カドミウムは微量で...
自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症(発達障害)を家庭で改善するには

発達障害を家庭で改善するには発達障害は、個性の発達のアンバランスであって、障害ではないという考え方で、本人の長所や適性を見極めて、育てるのがもっとも重要です。発達障害と診断される人のほとんどは、それぞれの長所と特性を見極めて、本人に適した進...
発達障害の子ども

親が変わらず発達障害の子供を変えようとしても

小児科の大御所であり、幼児教育の権威である田下昌明先生の著書によると、古い子育て学がいかに間違っているのかがわかります。豊かな情緒と道徳心をもった良い子を育てる最短の方法がわかります。それは親の愛を与えることだったのです。子供を無条件に愛し...
愛着障害

愛着障害が増えて発達障害も増えた

日本有数の小児科の医師であり「真っ当な日本人の育て方」という著書もある田下昌朗先生は、日本で最初に愛着障害の問題について啓蒙活動を始められた方です。小児科の大御所であり、幼児教育の権威でもある田下昌朗先生はボウルビイ博士の研究などを紹介し、...
ピクノジェノール

ピクノジェノール、漢方と発達障害

発達障害をもっている子供は、思春期になると、扱いが難しくなります。子供の扱いに日夜、苦慮している母親が多いです。しかし、発達障害のもつ、忘れ物が多いとか、考えが狭くて融通が利かないなどの特徴を少しずつ、改善する方法はあります。「言ってきかせ...
食事療法

食事を変えると発達障害は改善

マーガリン、洋菓子、市販のお菓子類、クッキー、ケーキ、ドーナツ、シリアル、これらには、すべてトランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は人体に有害で、細胞膜に入り込んで、機能を乱します。発達障害の症状を悪化させる食材の一つとして、発達障...
発達障害

小麦食品を減らしタンパク質を増やすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、タンパク質の摂取を増やしつつ、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、...
スポンサーリンク