農薬や重金属と発達障害の関係

カドミウム汚染やネオニコチノイド系農薬の蓄積は、発達障害の原因だとする説があります。中国産の米の10%がカドミウム汚染しているということです。カドミウムはイタイイタイ病の原因になる有害な重金属ですが、発達障害も誘発します。カドミウムは微量でも脳に悪影響があります。精神疾患の原因にもなるといわれています。米だけではなく、土壌汚染がひどい中国で生産されたあらゆる野菜や生薬なども信頼できません。

農薬や重金属に注意

実は国産の米であっても、カドミウム汚染されていたり、有機リン農薬などで汚染されていることはありえます。発達障害と有機リン系農薬の関連はすでに常識です。米を購入する場合、ADHDやアスペルガー症候群や自閉症の子供を少しでも改善させてあげるためにも、国産の完全な無農薬米をネット通販などで入手されることをおすすめします。外食産業で使われる外国産の米はきわめて危険です。国産米を使うところを選ぶのは最低限の防衛策です。しかし、無農薬栽培の米を使っている外食産業はほぼ存在しません。もっとも有益な方策は、無農薬栽培の米を選ぶことです。もちろん、野菜や果物も無農薬のものを使うことで、ADHDやアスペルガー症候群の子供を救うことになります。自閉症の症状が、食材に注意するだけで、かなり改善するわけです。ピクノジェノールのサプリメントを使うことは有益ですが、ふだんの食事に注意して、できるだけ有機リン系農薬やカドミウムなど重金属が食事から体内に入ってこないように防衛することが重要なのです。体内に侵入したこれらの毒素をデトックスするには、蒸留水健康法がよいかもしれません。蒸留水の健康への影響はまだ研究段階ですが、医療機関の点滴や注射にも蒸留水は使用されていることからも安全性は確かであるといえるでしょう。

蒸留水健康法は血管によい?

体内に蓄積する老廃物を除去する食生活はあらゆる健康の達成において必要です。心筋梗塞の危険因子として今までいわれてきたのは、喫煙、高血圧、糖尿病などです。ほかにも、女性の場合、閉経前後でホルモンが減ることや、ストレスも原因のひとつと言われています。実は、今、ブームになってきている糖質制限ダイエットが心筋梗塞の増加の原因ではないかという説があります。心筋梗塞のリスクを高めることにもなるのです。糖質ダイエットは、砂糖や糖分、炭水化物を控えるというものですが、肉や揚げ物や、お酒などは制限しないというのが、健康上、危ないと見る意見です。糖質制限ダイエットを実行すると、実際体重が落ちるのですが、それで安心というわけではなく、体内では、実はプラークがたまっていることがありうるのです。心筋梗塞の約6割は、プラークというもの、分かりやすく表現すると酸化した「脂汚れ」が血管にたまることで心臓の血管が詰まってしまうことにより、おこるものだということです。プラークは、メタボリックシンドロームや動脈硬化に関係してきます。このプラークと、よく知られているコレステロールとは、また違うものですが、そのあたりが誤解を招くことになってるようです。コレステロールに注目する血液検査や、健康診断の数値などで問題がなかったのに、突然、心筋梗塞や脳梗塞が発症するということがおきてくるのはそういうわけです。また、あとの3割は、エロージョンというもの、つまり、血管の内皮がはがれたところに、血栓ができてしまい、それが血管をふさいでしまうというものです。こうした体内の毒素をデトックスするには蒸留水健康法が良いようです。

血管のプラークを分解したり除去するには

心筋梗塞の専門医の提唱は、食習慣を正しく改善して、いま以上にプラークを蓄積させないようにするということが大事だそうです。つまり、酸化した油分が悪いので、揚げ物やスナック菓子などの、加熱した食用油を摂らないこと、野菜を適切な量食べること、甘いものも控えめにすること、お酒は一日2合を超えないこと、乳製品脂肪分が多いので食べ過ぎないようにすることです。「プラーク」を排泄する作用があると思われるのが蒸留水です。ブラウン・ランドーン博士という医師が、蒸留水についての研究をしていて、蒸留水を飲むことで、体内の老廃物を除去する、つまり、今で言うデトックス効果があると述べています。ブラウン・ランドーン博士については、知らない人が多くて、蒸留水の健康法も、あまり知られていません。蒸留水について、ブラウン・ランドーン博士について、ご自分でも調べて見て下さい。蒸留水を作れる器械は、10万円ほどの高価なものでしたが、最近になって、それよりも安価な値段で手に入るようになりました。今では一万円から二万円台で入手可能になっています。

蒸留水を作る方法

蒸留水精製器はすでに市販されていて、手軽に入手することができます。蒸留水健康法はすべての家庭に普及させることができます。市販されているのは、とても簡単につくることができる蒸留水精製器です。水を容器に入れて電源をオンにするだけで水を沸騰させて水蒸気をつくり、それを再び冷却して純水だけを取り出す仕組みです。蒸留水はアンチエイジングとデトックスに有効であり、若返りの水といわれています。蒸留水が働く仕組みは、飲んだときに、蒸留水が胃腸の細胞に有益な刺激を与えるからではないかといわれています。蒸留水が吸収されてしまうと、体液に混じるわけですが、そのとき、有害物質を引き込んで排出を促進するともいわれています。また、デトックス作用の一貫として便秘解消に効果があります。蒸留水を料理や粉ミルク用やお茶用に使う分には、お腹を壊したりしません。蒸留水を大量にそのまま飲むときだけ、軟便になることもあります。そのときは飲む量を少なくするだけで改善します。飲んでいると肌がつるつるになってみずみずしくなり、また体調がとてもよくなるという人もいます。

蒸留水は不純物のない純水

蒸留水は純水であり、まじりけのない水です。不純物がいっさいありません。ミネラルもありません。それが蒸留水のデトックスの力のもとになっているようです。しかし、熱中症予防のときには、発汗で失われた塩分と消耗した糖分を補充する配慮が必要になります。そこで、蒸留水にひとつまみの塩と砂糖を加えればいいのです。発達障害が有機リン系農薬やネオニコチノイド系農薬の影響で発症しているのではないかとする研究もありますので、野菜なども蒸留水につけておくとよいのです。蒸留水につけておくと、野菜の表面についている農薬が蒸留水のほうに溶け出して除去されます。いちごやブドウ、桃、ナシ、リンゴなどは農薬使用量も多い果物なので、蒸留水にしばらくひたして農薬を除去する方法はおすすめです。ほうれん草やなすび、トマトなどあらゆる野菜でも同じ方法で行えます。30分から60分ひたすだけでも良いでしょう。

あわせて読みたい関連記事: