発達障害の子供の運動

「自閉スペクトラム症」は、自閉症、学習障害、アスペルガー症候群と呼ばれてきた疾患群をまとめた発達障害の概念です。ADHDを伴う発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。協調運動が不得手だと、スポーツなどの運動が上手にできないため、そのままにしておくと、いわゆる運動音痴な人になります。

協調運動の能力を9才までに鍛える

自閉スペクトラム症の場合、野球やサッカー、バレーボールやバスケットボール、テニスやバドミントンなどは、協調運動の能力がないので、まったく歯が立ちません。そのため、自閉スペクトラム症、特に、ADHDやアスペルガーの子供の中には、体育が不得意になり、仲間はずれなどいじめの原因になることもあります。しかし、9才ごろまでであれば、人間の脳機能からも、運動能力は向上します。それは発達障害の傾向がある子供であっても同じですので、鍛える価値はあります。

人間関係のストレスが比較的少ないスポーツを選ぶ

協調運動を向上させるには、水泳、ダンス、体操、合気道、少林寺拳法など武術、といった個別指導や個人競技系の運動がおすすめです。この種の運動は、人間関係上のストレスが、チームプレイのスポーツよりも少ないので、発達障害の子供がついていきやすいのです。チームプレイのスポーツに無理に通わせると、人間関係で傷つき、途中挫折してますますスポーツ嫌いになる危険性もあります。そうならないためにも、何を習わせるかが重要です。幼稚園から小学校低学年のあいだに、協調運動を向上させるために体操教室などに通っていると、中学生ぐらいになると、運動面では、まったく普通の子供と変わらないほどに能力が向上しているケースも多いです。発達障害というのは発達のアンバランスなのであって、適切に発達を促進する働きかけを周囲がしてあげることで、ほとんど目立たないぐらいにまで改善するということです。

発達障害を食事で改善する

発達障害の食事としては、農薬と食物アレルギーへの注意が必要です。アスペルガー症候群やADHDをおこす要因として、有機リン系農薬や、ネオニコチノイド系農薬のかかった野菜や果物が考えられています。食事療法ではまず農薬を避けることが第一の注意点です。発達障害の食事療法では、乳製品や小麦製品を減らすことが大切です。これらの食材は農薬の含有量が多いことももちろんですが、小麦のグルテンや乳タンパクがアレルギーを起こし、脳に悪影響を与えている可能性があるとされています。発達障害に効く食事として、無農薬野菜、乳製品と小麦を減らした食事、というのがポイントです。ピクノジェノールは多動の傾向がある場合、おすすめです。アスペルガー症候群の食事療法もADHDと同じです。発達障害には、食品添加物をできるだけ減らした食事を食べることが大切です。発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られていますがピクノジェノールでこれらが緩和される可能性があります。

脳機能に悪影響を与える食材を避ける

どうしても掃除ができない人がいます。主婦でも家の中がちらかりっぱなしであったり、OLや会社員でもデスクが散乱している人。このような人の中には、発達障害という病気の人がかなり含まれることが最近の研究でわかってきています。発達障害は、ADHDやアスペルガー症候群が有名ですが、脳機能の発達がアンバランスで普通の人よりも優れた長所がある反面、普通の人が当たり前にできることがまったくできないという特徴があります。この発達障害が最近増加しているというのです。一部の研究者の中には、食生活がその原因ではないかという人もいます。胎児期に母親が食べていた小麦製品や乳製品やタバコなど有害添加物の影響で、脳機能の発達が乱されて、発達障害になるのではないかという専門家もいます。

ADHDの人は、片づけ物が苦手な傾向が強い

主婦として、家事をしたり掃除や洗濯や片づけをすることが苦手で時間がかかり、その作業に苦痛を感じると言う場合、大人の発達障害である場合も多いということです。しかし、そのような場合でも、訓練によって、片づける能力は向上していきます。ニガテであるからと避けるのではなく、少しずつでも努力をしていくと、できなかったこともできるようになるのです。もちろん健常な人と同じレベルまでは難しいかもしれませんが、努力によってその人なりに、少しでも上達することもわかってきているのです。最近ではピクノジェノールという松の樹脂成分の健康食品が、脳機能を高めるのによいことも判明してきています。七田式の右脳教育というのは、発達障害の子供にも良いようです。七田式というのは、七田眞さんという人が開発したもので、英語短期マスター教材などが有名です。トレーニングで、さまざまな脳機能がアップするようです。幼児期の知育の教材や知育のシステムがいろいろと考案されているので、発達障害の子供の脳機能の訓練にも有益であると考えられています。似たような教材はたくさん出ているようです。いろいろと自分なりに調べて見られるとよいですね。

あわせて読みたい関連記事: