食事療法

レモン水にはビタミンCとクエン酸が豊富

レモン水は簡単にビタミンCが補給できる食材です。レモン水を毎日飲むことで、耳鳴りが改善したという報告が健康情報誌などにもしばしば、掲載されています。ビタミンCは老化防止のサプリメントとして広く知られており、大量摂取が癌など悪性腫瘍にも一定の...
食事療法

記憶力を高め、脳機能をアップさせるDHA

40才すぎると記憶力が低下してきたことを自覚する人が増えてきます。脳機能が劣化したのだろうかと不安になったり、若年性アルツハイマーじゃないかと心配したりする人も多いです。 アンチエイジングの観点から脳細胞を若返らせる栄養素はどのようなものが...
自閉症スペクトラム障害

家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法

野菜などの農産物に、農薬や食品添加物などが残留しています。私達は、スーパーで購入した野菜や、レストランで食べる野菜などの 産地や汚染度などをほとんどわからないまま食べています。農薬のことが 心配な人が多いと思いますが、野菜などの場合は、農薬...
スポンサーリンク
農薬汚染と発達障害

脳にアレルギーを起こす農薬、化学肥料、硝酸性窒素

農薬だけではなく、化学肥料が有害なものであることを御存知でしょうか。いわゆる化学肥料を使用して栽培すると、その作物の中には、硝酸性窒素という成分が増加します。これは発癌性がある成分で、欧米では規制もされています。しかし、日本では規制がありま...
農薬汚染と発達障害

農薬による発達障害やアレルギーが増加

アレルギーをおこす原因の一つが農薬です。日本は農薬の使用量が世界的に見ても多い国です。農薬による皮膚アレルギーやアトピーが増えています。農薬の使用された果物を食べると症状が悪化し、野菜でも種類によってはそれがおきます。農薬をもっとも使用する...
農薬汚染と発達障害

農薬や経皮毒を避け有害な食材を避ける

ネオニコチノイド系農薬や有機リン系農薬が発達障害(自閉スペクトラム症)と関連があるとの研究報告があります。このほかにも、さまざまな化学物質が発達障害の誘因として疑われています。食べ物から体内に侵入してくるのは農薬だけではありません。さまざま...
農薬汚染と発達障害

無農薬野菜で発達障害を予防

日本の食糧自給率は低いといわれていますが、最近、野菜工場というビジネスが発展しつつあります。コンピューターで温度や水、日照などを管理する水耕栽培の温室で、野菜を栽培します。カゴメ(和歌山県加太)や、セコム(宮城県でハーブ)、プロミス(北海道...
食事療法

農薬の害を除く体内デトックスと蒸留水

無農薬栽培された野菜は、その植物の中に硝酸塩があまり含まれていません。これは無農薬栽培は化学肥料を使わないからです。一方、農薬と化学肥料で育てる野菜には硝酸塩が大量に含有されています。これが胃の中で、発がん性物質をつくります。農薬まみれの野...
食事療法

ビタミン補充で脳機能を高める

どんなビタミンを組み合わせるといいか 発達障害の人にピクノジェノールというサプリメントが助けとなると「大人の発達障害」で知られる星野仁彦医師の著書に記載されています。花粉症やアレルギー性鼻炎そしてアトピー性皮膚炎などを改善させるには、ビタミ...
発達障害

発達障害(ADHDや自閉スペクトラム症)の遺伝と環境の要因とは?

発達障害には、遺伝的リスク要因と環境的リスク要因があることがわかっています。発達障害に関係する遺伝子とその変異もすでにたくさん発見されています。たとえば、ある研究データでは、ADHDの遺伝率は約80%であるといわれています。この数字は、背の...
スポンサーリンク