発達障害

食事療法で発達障害を克服する

発達障害には、落ち着きのなさやイライラなど交感神経が優位になっている状態が目立ちます。こうした興奮状態は、漢方やサプリメントで和らげることができます。ハーブなどで、イライラなどの症状が緩和できることがあります。ピクノジェノールは、アスペルガ...
ピクノジェノール

落ちつきのなさとピクノジェノール

ピクノジェノールは、発達障害にみられる落ち着きのなさ、多動などを緩和し、情緒を安定させることに好影響がある天然成分です。交感神経を刺激するホルモンに対して抑制させて鎮静化させていると考えられています。松の樹皮であり、花粉症や、アレルギー性皮...
ピクノジェノール

脳の興奮を鎮めるピクノジェノール

ピクノジェノールはフランス海岸松の樹脂からつくられます。ピクノジェノールとは、松の樹脂から抽出される成分でポリフェノールを豊富に含む抗酸化食品です。これがADHDなどの発達障害の症状の一部を改善する可能性があるという研究結果が欧米で報告され...
スポンサーリンク
ピクノジェノール

発達障害とピクノジェノール

ピクノジェノールは、女性のPMSや、花粉症や、アレルギー性皮膚炎に使われているハーブです。抗アレルギー作用をもっているので、花粉症の症状を緩和させることができるのです。ピクノジェノールは、プロアンソシアニジンほか40種類以上の有機酸を含有し...
大人の発達障害

発達障害と適応障害

発達障害の人は、学校や職場の人間関係で苦しむことが多く、その結果として、適応障害になることがあります。適応障害とは、ストレス障害に分類される精神疾患であるとされます。それは家庭における家族関係や、学校、職場などのストレスによって、本人の処理...
自閉症スペクトラム障害

引きこもりになりやすい自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害と広汎性発達障害は、ほとんど同じ概念と考えてよいもので、その中にアスペルガー症候群も含まれています。対人関係を構築するのが苦手なので、友達ができず、社会生活に溶け込むのが苦手なので引きこもりになってしまうこともあります...
発達障害

発達障害を癒す愛着アプローチ

ADHDやアスペルガーに代表される広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害といった枠組みでとらえられる、いわゆる「発達障害」は、愛着アプローチという方法で生きる上でのさまざまな困難や苦悩からの回復が容易になることがわかってきています。
発達障害

うつ病と診断されるケースに発達障害が含まれる

発達障害の傾向があるために職場や学校で対人関係がうまくいかず、そのストレスから、引きこもるようになり、メンタルクリニックなどで、うつ病の診断を受けて、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方されているケースがかなり多いようです。うつ病と診断されると、...
ADHD

ADHDの児童を育てる時の注意点

東北地方のとある小学校での取り組みをご紹介します。この小学校に通う4年生の香織さんは、同じクラスにいる健太くんの問題行動で悩んでいました。健太くんは、ADHDの傾向があり、授業中に教室を歩いたり、授業中の不規則発言が多いなどの問題行動で、ク...
大人の発達障害

認知行動療法は受け止め方の訓練

発達障害の人は認知のゆがみを抱えやすく、それが、うつ状態を引き起こしたりする大きな原因となっています。発達障害の人にとって、認知行動療法は非常に有益です。生きやすい思考の習慣を育てるのです。認知行動療法では、きっかけとなった出来事と、それに...
スポンサーリンク