ピクノジェノール

ピクノジェノール、漢方と発達障害

発達障害をもっている子供は、思春期になると、扱いが難しくなります。子供の扱いに日夜、苦慮している母親が多いです。しかし、発達障害のもつ、忘れ物が多いとか、考えが狭くて融通が利かないなどの特徴を少しずつ、改善する方法はあります。「言ってきかせ...
食事療法

食事を変えると発達障害は改善

マーガリン、洋菓子、市販のお菓子類、クッキー、ケーキ、ドーナツ、シリアル、これらには、すべてトランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は人体に有害で、細胞膜に入り込んで、機能を乱します。発達障害の症状を悪化させる食材の一つとして、発達障...
発達障害

小麦食品を減らしタンパク質を増やすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、タンパク質の摂取を増やしつつ、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、...
スポンサーリンク
発達障害

発達障害が社会不安障害やスマホ依存症を生む

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、心療内科や精神科での治療の対象となっています。人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知...
発達障害

喫煙と自閉スペクトラム症との関係

若い女性の喫煙習慣は日本の少子化を促進している一面があります。タバコを吸っていると、妊娠しにくい身体になるのです。また、胎児の障害を引き起こす最大の原因がタバコなのです。自閉スペクトラム症が増加することもわかってきています。 妊婦...
アスペルガー症候群

対人関係が苦手なアスペルガー症候群

アスペルガー症候群をかかえる人は社会に出ても、あいまいな指示やメタ言語が理解できないため、職場の人間関係で苦労します。言葉を字義どおりに受け取るという特性があるため、融通が利かないことが多く、さまざまな葛藤を対人関係で生み出します。あいない...
大人の発達障害

大人のADHDは発達障害ではない

精神科医、岡田尊司氏の「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威 (光文社新書)」によると「大人の発達障害(ADHD)」は、遺伝要因よりも愛着障害が原因で起こるものが非常に多く、愛着障害が大人の発達障害の症状を引き起こすということです。 ...
自閉スペクトラム症

発達障害の子供の運動

「自閉スペクトラム症」は、自閉症、学習障害、アスペルガー症候群と呼ばれてきた疾患群をまとめた発達障害の概念です。ADHDを伴う発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。協調運動が不得手だと、スポーツなどの運動が...
アスペルガー症候群

カサンドラ症候群からの脱出

カサンドラ症候群は、配偶者や親や子供が、アスペルガー症候群であったり、その傾向がある場合に多く、回避性パーソナリティ障害や、回避型愛着障害の場合にも起こります。すべてに共通する点は、自然なコミュニケーションができないため、苦悩する点です。も...
アスペルガー症候群

カサンドラ症候群

アスペルガー症候群の夫を持つ妻に起こる精神の不調のことを「カサンドラ症候群」と呼びます。アスペルガー症候群には、積極奇異型・受動型・孤立型の三タイプがありますが、積極奇異型で軽度だと結婚できることも多いです。そして、結婚後、妻が「カサンドラ...
スポンサーリンク