食事療法で発達障害を克服する

発達障害には、落ち着きのなさやイライラなど交感神経が優位になっている状態が目立ちます。こうした興奮状態は、漢方やサプリメントで和らげることができます。ハーブなどで、イライラなどの症状が緩和できることがあります。ピクノジェノールは、アスペルガーやADHDに食事療法で取り組む場合にも併用がお勧めです。ピクノジェノールは、松の樹脂から得られる成分であり、安全性が高いです。

漢方では抑肝散がADHDの不安定さ、落ち着きのなさを鎮める

抑肝散はもともと子どもの夜泣きや高齢者の夜間せん妄などの興奮を抑える漢方処方として知られていたものですが、発達障害から起こる落ちつきのない状態も緩和できるようです。抑肝散に限らず、発達障害にさまざまな漢方処方が効くということがしだいに知られてきています。発達障害に効く漢方薬として、抑肝散は衝動的な傾向を鎮める漢方として有用です。抑肝散やピクノジェノールは発達障害の患者にとり、常用薬としておすすめです。漢方薬は、医療機関でも処方してもらえます。ピクノジェールがADHDには良いですが、聴覚過敏などの過敏な症状には柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ )や黄連解毒湯がよい場合もあります。ADHDは、サプリメントのピクノジェノールを常用して、「発達障害の子供が変わる食事」を参考にして、食事慮法を行うと、より速やかに落ち着きを取り戻せるかもしれません。

発達障害の子供の長所を伸ばすことが大切

発達障害の子どもは、その特性を早く見極めて、本人の得意な分野を伸ばしてあげることがたいへん重要になります。長所を伸ばして、才能を磨いていくことで、自信を取り戻せる場合が多いです。対人関係の不得意さをわかってあげて、過度な負担を感じることなく働ける職場に進めるように周囲が配慮してあげることが大切です。発達障害の食事は、小麦を避けるようにすることが推奨されています。アスペルガーの症状にはいくつかの漢方が有効です。発達障害の食事療法は無農薬野菜を主体にし、小麦を避けることを中心にしています。抑肝散加陳皮半夏はADHDのイライラや不安を鎮める効果があります。発達障害に応用できる 漢方の処方はほかにもたくさんあります。柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)もメンタルを安定させます。発達障害に効くサプリメントはピクノジェノールであり、落ち着きを取り戻しますので、多動症が緩和されます。上記の漢方薬も効果があります。発達障害には漢方は有益です。

ピクノジェノールは大人のADHDに効果が期待

大人の発達障害はさまざまな困難をかかえますが、適切なセカンドオピニオンを持ち、漢方やピクノジェノールを活用して、ADHDなどを克服することもできます。成長するにつれて発達障害は、発達が追いつくことで症状が緩和されていきます。しかし、それはかなりの長期的な時間経過の中で少しずつ進むことであり、急激には解消されません。そのときに漢方やピクノジェノールをうまく活用して、症状を緩和して、日常生活を過ごしやすく、円滑にすることができるということです。ピクノジェノールと併用すると、良いのが、ホスファチジルセリン、DHA・EPAなどの脳機能を高める成分です。ホスファチジルセリンは、特に重要な働きを持っているといわれています。ホスファチジルセリンは、脳機能を活性化させるうえで重要な栄養素であることが近年、研究によって明らかにされてきています。大豆などの食品にわずかに含まれている成分ですが、十分な量を食事からとることは困難であるともいわれています。

あわせて読みたい関連記事: