自閉症スペクトラム障害とピクノジェノール

ピクノジェノールは自閉症スペクトラム障害の人にとって良い成分を含んでいます。脳の過剰な興奮を和らげて気持ちを安定させるのではないかと考えられています。アスペルガーやADHDは自閉症スペクトラム障害という名前にまとめられるようになっています。このような子供は、早くに発見して、適職につけるようにすれば、十分に社会に適応して、幸せな暮らしもできるようになることがわかってきています。

ADHDの多動性や緊張感などの緩和によいとされて欧米では普及

ピクノジェノールという松の樹脂からとった成分が発達障害の人にもよいとわかってきたのは、最近ですが、かつては心臓病や糖尿病、婦人科疾患に使われていました。ピクノジェノールは子宮内膜症にも良いことが最近の研究報告でわかってきています。ADHDはオキシトシンの分泌が少なく、落ち着きがない、集中して学習などができない、といった傾向がありますが、ピクノジェノールをサプリメントとして補うことでこうした傾向が緩和されるかもしれないと考えられています。松の樹脂から得られる天然成分なので過剰摂取などの心配もなく、食事療法とあわせて、補うと、自閉症スペクトラム障害(ADHDやアスペルガー)の子供には救いとなるかもしれません。ADHDもアスペルガーも食事療法として、小麦を少なくするとか、有機リン系農薬や、ネオニコチノイド系農薬を使用した野菜や果物を食べないようにするといったことが推奨されています。

ピクジェノールは脳の過剰な興奮を鎮めてくれる

落ち着きのなさなどを緩和する仕組みは、脳の過剰な興奮状態を抑制することにあるようです。ピクノジェノールによって発達障害の不安定さを抑制できるかもしれません。食品添加物は、発達障害の発症のひとつの原因ともいわれているほどですので、これをできるだけ避けることは重要です。発達障害というのは、有害物質による脳機能障害だという見方もあるほどです。特に、ネオニコチノイド系農薬を含んだ野菜を母親が摂取すると、生まれてくる幼児が、アスペルガーやADHDになりやすいとの研究もあります。ピクノジェノールのサプリメントを飲んでいる時は調子が良いのに、ピクノジェノールを飲まなくなったら、多動の傾向が再び出てくるといったケースもあります。

ピクノジェノールは子供だけでなく大人にも有益

育児放棄するというアスペルガーやADHDの傾向のある親が、ピクノジェノールを飲み始めたら、ADHD特有の育児放棄をしなくなったという話もあります。また、アスペルガー症候群などではマイナス思考をする傾向があるといいます。ADHDなど自閉症の多くにマイナス思考の傾向がありますが、緊張感を緩和して穏やかにするピクノジェノールが役立つかもしれません。愛着障害があると、 ADHDやアスペルガーがますます悪化する傾向があるので、ピクノジェノールを活用しつつ、 アスペルガーやADHDの子供の思考力を高めていく働きかけが必要になります。ゲーム脳になりやすいことにも注意が必要です。アスペルガーやADHDなど発達障害の子はゲーム依存しやすい傾向があります。ピクノジェノールは、緊張している脳のストレスを緩和し、鎮静化させることで落ち着きを取り戻し、依存を回避できる可能性があります。

あわせて読みたい関連記事: