発達障害の症状とピクノジェノール

発達障害とはADHDやアスペルガー症候群などの、脳機能の発達が遅れているために起きている疾患のことです。ADHDでは、不注意や多動、協調運動障害が目立ちます。アスペルガー症候群ではコミュニケーションがうまくできません。融通がきかず、決まりやルールにうるさく、他人を責めます。会話のやり取りがうまくできません。

ピクノジェノールはストレスホルモンを緩和

こういった症状というのは、患者が病的なものであると自覚しなければ、なかなか改善しません。認知行動療法などの方法で、未熟な部分の成長を促すことで、少しずつ改善させていくしかありません。問題意識を患者本人が持つことで、はじめて、それを改善しようという気持ちが生まれます。この動機があれば、認知行動療法などのカウンセリングなどの心理療法で、性格傾向を軌道修正することができるのです。意図的な訓練で、性格傾向は緩和されます。これを人格陶冶といってもいいでしょう。それもすべては本人の自覚から生み出されるモチベーションが鍵になります。脳機能にも好影響があるピクノジェノールの併用もおすすめです。ピクノジェノールは、ADHDなどの発達障害でしばしばみられるストレスホルモンの過剰分泌を緩和して、症状を緩和することが知られています。フランス海岸松の樹皮の成分であり、昔から薬草として使われてきた歴史があるものです。過剰な緊張を緩和する働きは、ペットの犬用のサプリメントにも使われています。落ち着きのない犬やよく吠える性質が緩和されるといわれています。これらもストレスホルモンの過剰分泌を抑えるためだと考えられています。

ADHDの症状をピクノジェノールが緩和する仕組み

ADHDは、まず多動(運動過多)が基本的症状として出ます。いつも落ち着きがなく、そわそわしているのです。多動、衝動性優位型では、幼児期から学童期にかけて、多動が目立ちます。しかし成長するとそれは目立たなくなり、気ぜわしくそわそわしているような、せっかちでいつも何かしているような行動様式となります。貧乏ゆすりをしたり、早口で一方的にしゃべったり、机をこつこつ叩いたり、じっと座っていられないなどです。これには、脳内におけるストレスホルモンの過剰分泌が影響していることがわかってきています。そして新奇追求の傾向があり、新しい刺激を次々に求めて関心が移り変わります。不注意(注意散漫)の傾向があり、気が散りやすく、集中力がありません。自分の興味や関心がないことに対して、注意散漫になります。仕事や勉強、家事などの場面でも、途中で集中が途切れます。心ここにあらずの状態になります。相手の話を集中して聞けないため、一方的に言いたいことだけを話し、コミュニケーションがうまくとれません。金銭管理や業務管理なども苦手で、浪費や衝動買いが多く、時間管理ができない、片付けができない、ゴミを捨てられないなど。そのため、職業を選択するとき、注意が必要となります。自分にむいていない職種につくと、困ったことになります。こうした多動や不注意を緩和するサプリメントして、ピクノジェノールが欧米で見直されており、症状の緩和ができたとの研究報告も出ています。ピクノジェノールがストレスホルモンの過剰分泌を抑制している可能性が指摘されています。

アスペルガー症候群の特徴とピクノジェノール

アスペルガー症候群の人は、対人関係が未熟です。深い人間関係を築くことができません。人付き合いをしたいという欲求が希薄で、孤立しても平気なのです。子供の頃から一人遊びが多く、誰かがそばにいても一人を好みます。人との会話では視線をあまりあわせず、身振りや手振りも乏しく、相手の気持ちを読み取ったりするのができません。ゲームや競技でも、仲間と協力してプレーするのではなく、一人で一番になることだけにこだわる傾向があります。さらに決まりごとを柔軟にできず、融通が利かないので、過度に相手を責める傾向があります。会話のキャッチボールができず、一方的な話ばかりになります。言葉を字義どおりに受け取る傾向があり、細かなニュアンスが分からないため、たとえ話でも本気で受け取ります。そして、一つのことに異常なぐらい興味を示し、時間を費やします。車やロボットや歴史や計算など、カタログ的知識を収集するのを好みます。聴覚や触覚や味覚が異常に敏感であったり、逆に鈍感であったり、感覚や知覚が異常であることが多いです。しかし、アスペルガーの多くは成長するにつれて症状が目立たなくなり、成人すると、普通の人とまったく変わらないぐらいにまで緩和されることもしばしばあります。発達のアンバランスが成長につれて調整された結果であると考えられています。アスペルガーの場合もピクノジェノールは緊張を緩和してくれると考えられています。

無農薬野菜を食べる習慣をつけよう

発達障害の治療法の一つとして食事療法があり、農薬を避けることが提唱されています。つまり、無農薬野菜を食べることは、発達障害の症状の緩和に有益と考えられているのです。無農薬野菜を食べたい時、一番、簡単な方法は無農薬野菜の通販システムを使うことです。地元で無農薬野菜を販売しているお店がある場合は、そこで買ってもよいです。そういうお店が近くにない場合は通販をおすすめします。こうした通販業者は、野菜の生産者の紹介、産地の紹介などがきわめてしっかりとしています。いろいろ会社がありますが、ほとんどの無農薬野菜通販は、生産者、産地、生産方法を公開していて、消費者はそれをいちいち確認しながら注文できるのです。無農薬野菜を生活の中に取り入れることは、アンチエイジングと健康の実現の第一歩です。木村秋則さんの活動は、日本中に無農薬栽培の普及を促進しました。そのおかげで、いまや全国で無農薬栽培に取り組んでいる農家があります。

化学肥料と化学農薬

無農薬栽培では、化学肥料は使用しないのが普通です。そもそも化学肥料で育てた野菜は、化学農薬を使用せずして育ちません。無農薬というのはこの化学農薬つまり石油化学工業の産物である発癌性や催奇形性のある有害な化学物質を使用しないことを意味します。それは肥料においても同じなのです。化学肥料は、作物を不健康に巨大化させるため、病害虫にきわめて脆弱な植物となります。それゆえに木村秋則さんは、リンゴを完全な無農薬、無化学肥料で育てる道を選んでおられます。割高であっても、無農薬野菜を選ぶことは、健康と美容に直結します。食費が安くすんでもそれで癌になったり早く老化したのでは、何の意味もありません。無農薬野菜は、発達障害の予防や改善に有益であるだけではなく、すべての人にとって、健康長寿をもたらすものなのです。

あわせて読みたい関連記事: