発達障害の子ども

発達障害の子のコミュニケーション・トレーニング

この本は、ひと目でわかるようなイラスト図解を使っての、 発達障害の子供のコミュニケーション力をトレーニングで高める本です。 会話や友達付き合いのトラブルが多い発達障害の子供ですが、 トレーニングをすることで会話力がつきます。 話...
大人の発達障害

「空気が読めない」人は発達障害の可能性がある

KYと言う言葉がありますが、これは「空気が読めない」という意味です。身近なあの人は実はアスペルガー症候群だった、ということはいまや普通にありえる出来事です。アスペルガーの伴侶をもっている人は、どのように接するとよいのか。自分の夫が発達障害、...
発達障害

うつ病の多くに発達障害の患者が含まれている

発達障害といえば、アスペルガー症候群とADHDが代表的です。この二つでほとんどを占めていますが、アスペルガー症候群と、ADHDでは、傾向が大きく違います。アスペルガー症候群には、学習能力が高い人がわりと多いです。学校のテスト勉強や受験などで...
アスペルガー症候群

アスペルガー症候群には天才型が多い

アスペルガー症候群は、発達障害の一つですが、脳の機能の発達のアンバランスが背景にあるとされています。遺伝的な要因もあるとされますが、養育環境も症状の緩和に大きな影響があります。物事に全面的に融通がきかず、非常にこだわりが強くて、決まりやルー...
自閉症スペクトラム障害

広範性発達障害は自閉症スペクトラム障害へ

2013年ごろから、広範性発達障害は、ひとまとめとなり、「自閉症スペクトラム障害」という名称に統一されてきています。つまり、自閉症の中でも知的障害と伴うものと、伴わないものをまとめ、アスペルガー症候群も含め、グレーゾーンも含めて、「自閉症ス...
発達障害の子ども

発達障害のある子の進学と就労

2005年に発達障害者支援法の施行、2013年の障害者総合支援法の施行、2013年の障害者雇用促進法の改定などにより、発達障害のある大人への雇用就労について社会的な体制が整いつつあります。また2018年から精神障害者保険福祉手帳の保持者が法...
大人の発達障害

働く人のための精神医学

この本は、一冊の新書版の中に、精神医学の全領域を一般人にもわかる形で網羅し、できるだけ専門用語で混乱しないように配慮され、非常にすばらしい本です。経営者、管理職、自営業、コンサル業、カウンセラー、セラピスト、接客業全般といった職種の人、それ...
発達障害の子ども

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

発達障害の子供を育てている親にとって、発達障害の子供にどんな言葉かけをするか、どんな接し方をするか、という問題は非常に大きな悩みです。本書は、発達障害の子供にどのようなフレーズで話すと、コミュニケーションがうまくとれるのかを分析し、ノウハウ...
発達障害

発達障害の子のコミュニケーション

自閉症やアスペルガー症候群の発達障害を一括して「自閉症スペクトラム障害」と医学的には分類しています。これら発達障害がある人にオキシトシンを投与すると、コミュニケーションの能力に改善がみられるとの研究報告が米国医師会雑誌に掲載されました。発達...
大人の発達障害

大人の発達障害ってそういうことだったのか

発達障害に関心を持つ精神科医である宮岡等氏と発達障害診療の専門家である内山登紀夫氏が対談の形で、「発達障害って何?」という疑問から、「症状は?」「診断は?」「治療は?」といった臨床的な議論を白黒はっきり語りつくした本です。宮岡先生の問いかけ...