自閉症スペクトラム障害と就職

スポンサーリンク

自閉症スペクトラム障害(発達障害)の症状

自閉症スペクトラム障害とは、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害などをひとまとめにした疾患概念です。今後は、発達障害という呼称よりも自閉症スペクトラム障害のほうが多く使用される流れとなるでしょう。発達障害のおこる原因についての誤解はさまざまにあります。発達障害の多くは、生まれながらのもので、脳の機能のアンバランスな発達状態であると考えられています。未熟児であったり、母親が喫煙者であったり、飲酒したり、あるいは不妊治療などで双子だったりすると未熟児のリスクも高く、発達障害がおこりやすいことがわかっています。

脳の発達のアンバランスであり改善の方法がある

虐待を受けると、発達障害になるというのは、誤解です。むしろ、発達障害があるために不注意や多動、物忘れ、などの行動の異常があってそれを親が過剰に咎めて、厳しい躾をしようとすると、発達障害の子供は苦しみます。自分はできない子供なのだという自己否定の意識が強くなって、それが健全な自我の成長を妨げます。その結果、人格障害の症状が出たり、愛着障害の症状が強くなり、恋愛に依存したり、ギャンブルやゲームに依存したりといった問題行動に走りやすくなります。そのため、発達障害の傾向があることがわかったら、子供を減点思考で育てることをやめてください。長所を伸ばすことに意識をむけて、親が子供をまず認めてあげて、ほめてあげて、できるところを伸ばしてあげることに力を注いで下さい。そして愛情を十分に感じるように言葉の使い方を注意して、子供への暴言、 傷つくようなひどい言葉を、絶対に言わないようにしましょう。そうすれば、発達障害があっても才能豊かな幸せな人として成長し、人生に成功していけるのです。

親や教師はどのように接していけばよいか

発達障害者の仕事上のトラブルの多くは、本人にとり不適切な職種についているために起こります。多動、不注意、衝動性などが仕事を左右する職種は避けるべきです。例えば教師、保育士、看護師、介護職など対人援助の仕事、金銭管理の仕事、書類整理、人事の管理は無理があります。金融、航空、交通、調理、営業も不適です。文部科学省によれば、全国に61万3千人もいる推定となった発達障害の子どもの数。公立の小中学校生の6.5%にあたる発達障害の子どもが存在していることになります。これは40人学級に2~3人の発達障害児が在籍していることになり、少なくとも、各クラスに一人以上の発達障害の子どもがいるということになるのです。発達障害は、脳の機能不全だといわれていますが、その原因についてはよくわかっていませんでした。発達障害はいくつかのタイプにわかれており、知的能力には問題がなく、書く・計算する・聞く・話す・読む・推論するなどの特定な能力を苦手とするものが、学習障害(LD)です。その一方で、衝動性、多動性、不注意が特徴の注意欠陥多動性障害(ADHD)も増えています。このほか、コミュニケーション、社会性、興味について特異なアスペルガー症候群があります。

長所を生かす職種に就業できる援助が必要

発達障害を抱えている場合でも、研究者として成功したり、発明家になったり、事業家としてビジネスで大きな成功を収めるケースも多々あります。また本人にあった職種を地道に見つけることで天職にめぐりあい、その職種で大成して大きな業績を残し、社会貢献をする事例もあります。周囲がいかに本人の適性を見極めて、適職に導けるかが人生を左右するのです。

うつ病や発達障害など障害がある方の就職と定着を支援する施設【ニューロワークス】

あわせて読みたい関連記事: