農薬の害を避けることは発達障害の予防につながる

ネオニコチノイド系農薬や有機リン系農薬が発達障害の原因なのではないかといわれています。ネオニコチノイド系農薬というのは新しい農薬です。この農薬も、有機リン系農薬と同じように脳神経を障害します。ぶどうや梨に大量に使われているために、ぶどうジュースや梨を大量に食べた子どもが神経症状を発症する事件が最近増えています。ハーバード大学医学部の研究では有機リン系農薬が発達障害を発症させるということが、明らかになっています。


スポンサードリンク

ネオニコチノイド系農薬は脳神経に障害をおこす

呼吸障害や四肢の脱力などの異常な症状を急性の症状として引き起こします。妊婦や幼児期に、ネオニコチノイド系農薬に大量にさらされることで、発達障害が発症し、アスペルガーやADHDになる可能性があります。これだけがすべての原因ではないのかもしれませんが、妊婦さんは、できるだけ無農薬野菜や無農薬果物などを選ぶほうが良いかもしれません。ミツバチが突然に失踪する事件が世界で増えていますが、これは、ネオニコチノイド系の農薬でミツバチの脳神経が異常をきたしたためだといわれています。予防だけでなく、すでに認められている発達障害を改善させるためにも、できるだけ無農薬野菜や無農薬果物を食べることが大切です。現在は無農薬の農産物を通販で購入することもできるようになってきています。そういったものをできるだけ使うことをおすすめします。


スポンサードリンク

フランス海岸松の樹皮からとれるピクノジェノール

ピクノジェノールは多様な作用があって、心臓病や糖尿病の改善に効いたり、子宮内膜症や子宮筋腫の改善に効いたりすることがわかってきています。最近では脳機能への好影響もあることがわかり、自閉症やADHD、アスペルガー症候群の子供の症状緩和にも使われるようになってきています。花粉症をはじめとするアレルギーの緩和にも効果的です。ピクノジェノールは抗アレルギー作用だけではなく、脳神経の過興奮を鎮める作用もあるので、発達障害の傾向のある子どもや、月経前緊張症、子宮内膜症、子宮筋腫などの慢性疾患に対して長期にわたって健康食品として服用することで、メンタルの面でも安定をもたらし、安心感を育てるといった効果も期待されています。それゆえに、このような疾患の傾向がある人においては、ピクノジェノールを試してみるといいかと思います。メンタルの面で落ち着きを取り戻して、心身を安定させてくれるので、健康増進のサプリメントとして、活用していくべきものだといえるでしょう。

発達障害の子育てでもっとも重要なことは長所進展法

これは子供の得意分野を伸ばしてあげることです。長所を伸ばせばどんな子供も幸せになれます。七田式の能力開発などもおすすめです。七田真さんは、英語の習得の鍵は、基本となる例文を完全に暗記し、すらすらと言えるまでにすることであると分析しました。実際に、一定の例文を速習するだけで、応用がきく英会話が可能になることがわかってきたのです。七田式の右脳開発は、聴覚を刺激して、潜在能力を磨きます。聴覚トレーニングで右脳を開きます。七田式とはやや傾向が違いますが、全家研ポピーというのもよいようですね。ポピーの基本的な教育方針がとても良いものです。ことばの文庫や、こころの文庫という小冊子が毎月付録にあり、精神性、心を育てていきます。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク