アスペルガー症候群には天才型が多い

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、発達障害の一つですが、脳の機能の発達のアンバランスが背景にあるとされています。遺伝的な要因もあるとされますが、養育環境も症状の緩和に大きな影響があります。物事に全面的に融通がきかず、非常にこだわりが強くて、決まりやルールを四角四面に守ろうとします。そのためいろいろな場面で、柔軟に対処ができません。その結果、アスペルガー症候群は対人関係が苦手です。本人も周囲もコミュニケーションに苦労します。学習面では、ものすごく頭がよい天才型が多く、歴史上の天才の多くは、アスペルガーであったといわれています。

アスペルガー症候群の苦悩

アスペルガー症候群は完全主義の傾向がとても強いので、いつも相手の行為を非難してしまうのでなかなか友達ができません。このように、アスペルガー症候群の人は、深い対人関係を構築するのが不得手ですが、そのためか、人と付き合いたい欲求が希薄です。コミュニケーションの特徴としては、会話のキャッチボールができず、一方的に発言をしますが相手の話をよく聞かない傾向があります。会話の間がとれず、話があちこち飛ぶ傾向があります。興味限局傾向があり、一つのことに異常にこだわります。カタログ的な知識収集を好みます。


スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク