対人関係が苦手なアスペルガー症候群

アスペルガー症候群をかかえる人は社会に出ても、あいまいな指示やメタ言語が理解できないため、職場の人間関係で苦労します。言葉を字義どおりに受け取るという特性があるため、融通が利かないことが多く、さまざまな葛藤を対人関係で生み出します。あいないな指示に弱いので、指示を出す場合もすべてのことをこまごまと話して万全を期す用意が必要となります。

管理職よりも職人に向くアスペルガータイプ

「適当に」と言われたら、アスペルガーの人は「どれぐらいですか?」と聞きたいということです。あいまいな指示をせずできるだけ明確に伝えることがトラブルを防ぐ心がけとなります。アスペルガーの人も、自分の特性を自覚し、あいまいな指示を受けたら、詳しく確認して、行き違いにならないように普段から、気を配る訓練が大切になります。また、空気が読めないため、たびたび、おかしな言動をします。TPOに合わない言葉を口にするのです。「どうして空気が読めないんだろう」とアスペルガーの人も自分で自覚していることも多いです。

考えをすぐに口に出してしまう

考えていることをすぐに口に出してしまうのもアスペルガー症候群の特徴です。その結果、思っていることをすぐに口に出し余計な一言になったり、感情を害してしまうことになります。このため、アスペルガー症候群の人は他人にものを教えるのが苦手です。管理職よりも職人に向いているのです。IT関係のプログラマーさんなどには、アスペルガー症候群のタイプの人が多い傾向があります。対人関係を上手に維持できないために、仕事が続かなかったり、うつ病や精神疾患になりやすいので注意が必要です。もちろん、発達障害ではない人も多いので一概には言えません。

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群への接し方は、物事をできるだけ具体化して伝えることがポイントです。発達障害の中でも知的能力が高く、天才の中にも多いのが、アスペルガー症候群です。こだわりが強く、対人関係が不器用であることが特徴です。アスペルガー症候群は対人スキルが不足しがちなため、対人トラブルを起こすなど問題を抱えます。言葉や文章の行間を読めず、他人の気持ちや常識が理解しにくいため、突然失礼なことを言ってしまったりします。その発言が、相手を面食らわせることも多いので、敵を作ったり、あるいは、友だちができにくいです。子どもだけの疾患ではありません。発見されないまま大人になるケースも多いのです。働き盛りの大人にも一定の割合で見られる疾患です。アスペルガー症候群の多くは、その自覚がないまま、生きづらさを抱えて苦しんでいます。日本でも深刻な問題となっているアスペルガー症候群ですが、アメリカでもシリコンバレーの一割の人が該当するといわれいわれています。東大生の中にも多いともいわれています。学力が高いことも多いのが特徴なのです。

天才型の人が多いアスペルガータイプ

アスペルガー症候群の人には天才型が多く、得意な分野ではすばらしい才能を発揮します。それは凝り性で、一つのことに没頭できる特性があるからです。打ち込めるものが見つかれば、その分野で大きな成果をあげることもできるということです。早い段階で、本人の適性を見分け、適した分野に進ませてあげることが大切になります。周囲の人が、家庭や学校、職場で、どう接したら、アスペルガー症候群の人とよい関係を築けるのか。特性を活かすにはどのように対処すべきかを知る必要があります。対人スキルのことで悩んでいる人は自分がアスペルガー症候群である可能性もあります。対人スキルは学習により習得できますし、コミュニケーションスキルも訓練で向上できます。ですから、アスペルガー傾向があることを早期に自覚できれば、克服もできるのです。アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)の中に含まれています。

睡眠時間が長くなる発達障害

アスペルガー症候群の中にはADHDの症状も同時に持っているケースも多いです。ADHDの特徴として、睡眠時間がかなり長いというものがあります。これは、ストラテラなどの薬物療法をしているしていないにかかわらず、見られる症状です。10時間以上眠らないと起きられないという場合や、朝、起きてから、午前中に昼寝をはじめたり、用事がなければ一日中寝ているという人もいるようです。覚醒状態のADHDの人の脳内では、神経伝達物質の過剰により、過剰な興奮状態があるため、脳が披露しやすいのかもしれません。そのため、多くの時間を休息にあてるしかないとも考えられます。このことを真剣に悩んでいるADHDの人も多く見られます。睡眠欲というものが非常に強いという悩みとでもいうのでしょうか。また、家族に怠け者とみられてしまうことも苦にしておられるようです。このような体質を少しでも緩和できる可能性があるとしたら、ピクノジェノールではないでしょうか。

脳の緊張を緩和するピクノジェノール

欧米でも、ピクノジェノールの活用が広がっているわけですが、これも、脳内の神経伝達物質のレベルを正常なレベルまで戻してくれている可能性があるピクノジェノールの沈静作用を期待してのことだと考えられます。ペット業界ではすでに興奮性の高いよく吠える犬の沈静化を目的に犬用のピクノジェノールが普及しています。日本の精神科医の中にも星野仁彦医師のように、まずはピクノジェノールを試すように著書で記載している専門医もおられます。ストラテラなどには強い副作用も報告されており、いきなり服用することには抵抗感がある人も多いでしょう。もし、そうであるなら、フランス海岸松の樹脂であるピクノジェノールから試しても良いのではないでしょうか。松は薬草としては日本でも古くから使われています。松葉を煎じて飲むと不老長寿に良いとも言われてきました。アメリカの先住民も松の皮を煎じて、薬草茶にしてました。それを欧米の研究者が知ったことがピクノジェノールの欧米での普及につながったのです。

あわせて読みたい関連記事: