アスペルガー症候群

自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害と著名人

発達障害は、自閉症スペクトラム障害とも呼ばれ、いわゆる自閉症と広汎性発達障害とアスペルガー症候群のほか、注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)を含んでいます。人口の3%ともいわれており、それ以上に多いとも考えられています。ストレス...
ピクノジェノール

自閉症スペクトラム障害とピクノジェノール

日本の歴史上はじめて報告されたアスペルガー事例と されるのが吉田兼好が室町時代に書いた随筆「徒然草」に登場する盛親という高僧です。 アスペルガー症候群(以下、AS)の人は、深い対人関係を築くのが苦手です。 ADHDの場合は人と付き合い...
食事療法

アスペルガー症候群は協調運動が不得手

発達障害の一種であるアスペルガー症候群の人は、協調運動が不得手です。縄跳び、球技、スポーツが不得意なのです。この協調運動の不器用さはアスペルガー症候群のほうがADHDよりも顕著です。おそらく小脳の発達が未熟だからではないかといわれています。...
スポンサーリンク
発達障害

発達障害だからできない、ではない?

発達障害の人はADHDでもアスペルガー症候群でも、対人関係が苦手で 抽象的に思考するのが不得手です。 そのため、発達障害ではない人にとっては簡単なことなのに、発達障害の人は それがなかなか理解できず、きちんとできないということが多々あ...
発達障害の子ども

発達障害の緩和には愛着障害の防止の配慮が不可欠

アスペルガー症候群と診断される事例が増加 発達障害の診断数の増加は、0歳児保育の増加と無関係ではないともいわれています。 0歳の時期、赤ちゃんの脳が発達する重要な期間、母親との密着と、 母親からの無条件の保護が、乳幼児の脳機能とメ...
アスペルガー症候群

アスペルガー症候群には天才型が多い

アスペルガー症候群は、発達障害の一つですが、脳の機能の発達のアンバランスが背景にあるとされています。遺伝的な要因もあるとされますが、養育環境も症状の緩和に大きな影響があります。物事に全面的に融通がきかず、非常にこだわりが強くて、決まりやルー...
発達障害の子ども

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

発達障害の子供を育てている親にとって、発達障害の子供にどんな言葉かけをするか、どんな接し方をするか、という問題は非常に大きな悩みです。本書は、発達障害の子供にどのようなフレーズで話すと、コミュニケーションがうまくとれるのかを分析し、ノウハウ...
発達障害

発達障害の子のコミュニケーション

自閉症やアスペルガー症候群の発達障害を一括して「自閉症スペクトラム障害」と医学的には分類しています。これら発達障害がある人にオキシトシンを投与すると、コミュニケーションの能力に改善がみられるとの研究報告が米国医師会雑誌に掲載されました。発達...
自閉症スペクトラム障害

もしかして、うちの子、発達障害かも

発達障害には、広汎性発達障害とも呼ばれる自閉症、アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)が含まれています。子どもの10%程度が発達障害と診断されるともいわれています。発達障害は2~3歳から兆候を親が感じ取ることが...
ピクノジェノール

女性の発達障害

女性の発達障害には特徴として、いろいろな依存症になりやすいことがあります。買い物依存症やパチンコ依存症、薬物依存症などです。発達障害も右脳をトレーニングすることで、脳機能が向上していきます。大人の発達障害ではしばしば、約束を守れないという特...
スポンサーリンク