農薬が発達障害の原因

農薬汚染と発達障害

ADHDや学習障害などの発達障害の発症に食事の中に含まれる農薬が関与しているのではないかとの研究が欧米の医学的な研究報告で知られるようになりました。それは主に有機リン系農薬を使用した野菜や果物を摂取したことで妊娠中の母親を介して胎児の脳の発達に有害な影響を受けるものと、乳幼児期にっ摂取した果物や野菜の農薬が乳幼児の脳に悪影響を与えるものです。ネオニコチノイド系農薬にも同様の害がある可能性が指摘されています。農薬による知的障害などの合併症の発生は昔から指摘されてきたことですが、発達障害、右脳の発達などの視点から子どもへの悪影響が明らかになりつつあるのです。発達障害の症状を緩和するのにピクノジェノールが有効であることも最近明らかになりつつありますが、ピクノジェノールはフランス海岸松の樹皮成分です。多動などの症状が緩和するとして知られています。発達障害の本質は発達アンバランスですから、脳への適切な知的な刺激で、いくらでも伸びる可能性があります。


スポンサードリンク

無農薬野菜とピクノジェノール

愛着障害の子どもにも似た症状がみられるので、発達障害だとの思い込みがおこることもあります。発達障害のある人は、困った人として周囲に迷惑に思われることもありますが、実際には長所を伸ばせばどんどん症状が改善することも知られています。発達障害のある子供ができることを伸ばすという長所進展の視点で育てることが重要です。周囲の理解と適性に応じた伸ばし方をすることで、発達障害や学習障害があっても幸せになれることが次第にわかってきたのです。時間を守れないなどの困ったところもある発達障害ですが、あくまでも周囲の働きかけ次第です。大人になって発達障害がほとんど目立たなくなる人は適切な環境で長所を伸ばす育てられ方をしたからです。もし、そうでない場合は、欠点が助長されたり、社会不安障害やアルコール依存症や性依存症などの依存症的な方向に進んでしまう場合もあります。そうならないためにも共感的な育て方を実践し、長所を伸ばすことを第一にしましょう。そして健康食品として摂取できるピクノジェノールを補助的に使って、大人になるまでに発達障害を目立たないレベルまで改善させることをめざしましょう。無農薬野菜を選択するなど、発達障害を改善させる食事療法を実践することでいっそう早く改善することでしょう。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク