発達障害

発達障害

小麦食品を減らしタンパク質を増やすと発達障害は改善

小麦を原材料とする食材、乳製品を減らして、タンパク質の摂取を増やしつつ、穀物と野菜を中心にした食生活を送ることで、発達障害の症状が緩和することが食事療法の研究者らの調査によってしだいに明らかになってきています。発達障害の発症は、胎児の時期、...
発達障害

発達障害が社会不安障害やスマホ依存症を生む

人前に出ると不安で息苦しい感覚に陥るものを社会不安障害と呼び、心療内科や精神科での治療の対象となっています。人が恐くて学校や会社にも行くことができないという場合、社会不安障害の可能性があります。「社会不安障害」という病気は、本人の思考、認知...
発達障害

喫煙と自閉スペクトラム症との関係

若い女性の喫煙習慣は日本の少子化を促進している一面があります。タバコを吸っていると、妊娠しにくい身体になるのです。また、胎児の障害を引き起こす最大の原因がタバコなのです。自閉スペクトラム症が増加することもわかってきています。 妊婦...
スポンサーリンク
発達障害

食事療法で発達障害を克服する

発達障害には、落ち着きのなさやイライラなど交感神経が優位になっている状態が目立ちます。こうした興奮状態は、漢方やサプリメントで和らげることができます。ハーブなどで、イライラなどの症状が緩和できることがあります。ピクノジェノールは、アスペルガ...
発達障害

発達障害を癒す愛着アプローチ

ADHDやアスペルガーに代表される広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害といった枠組みでとらえられる、いわゆる「発達障害」は、愛着アプローチという方法で生きる上でのさまざまな困難や苦悩からの回復が容易になることがわかってきています。
発達障害

うつ病と診断されるケースに発達障害が含まれる

発達障害の傾向があるために職場や学校で対人関係がうまくいかず、そのストレスから、引きこもるようになり、メンタルクリニックなどで、うつ病の診断を受けて、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方されているケースがかなり多いようです。うつ病と診断されると、...
発達障害

発達障害だからできない、ではない?

発達障害の人はADHDでもアスペルガー症候群でも、対人関係が苦手で 抽象的に思考するのが不得手です。 そのため、発達障害ではない人にとっては簡単なことなのに、発達障害の人は それがなかなか理解できず、きちんとできないということが多々あ...
発達障害

うつ病の多くに発達障害の患者が含まれている

発達障害といえば、アスペルガー症候群とADHDが代表的です。この二つでほとんどを占めていますが、アスペルガー症候群と、ADHDでは、傾向が大きく違います。アスペルガー症候群には、学習能力が高い人がわりと多いです。学校のテスト勉強や受験などで...
発達障害

発達障害の子のコミュニケーション

自閉症やアスペルガー症候群の発達障害を一括して「自閉症スペクトラム障害」と医学的には分類しています。これら発達障害がある人にオキシトシンを投与すると、コミュニケーションの能力に改善がみられるとの研究報告が米国医師会雑誌に掲載されました。発達...
発達障害

発達障害・右脳ジーニアス42巻セット

発達障害は、脳トレーニングで改善させることができます。脳の訓練をすることで、さまざまな機能が向上するのは、子どもの脳には無限の可能性があるからです。フラッシュカードを使って、で脳を活性化させながら右脳の言トレーニングも並行することで、コミュ...
スポンサーリンク