発達障害は発達のアンバランス

脳機能の発達のアンバランスこそが発達障害の本質です。独特な言動が極端な形で繰り返し現れる場合には、社会生活に問題が出てきますが、発達障害の程度が軽くて、言動が独特であったとしてもほとんど問題にならない場合や環境に恵まれて問題化しない場合もあります。こうして、ふつうに職場に適応しているケースもあります。この場合は個性あるいは性格ですまされる場合も多いです。発達障害というと、その障害と言う言葉から、重度の心身の障害や精神障害のようなものを想像する人も多いです。このことが、本人や家族の拒否感をまねいたり、周囲の偏見をもたらす一つの原因となっているのです。ADHDやアスペルガー症候群であっても医者や弁護士になっている人もいます。


スポンサードリンク

発達障害の本質

このことは、発達障害の人の脳は、社会性や学習、認知機能など種々の発達のバランスがアンバランスになっていることを意味しているのです。もし、長所がうまく進展するのであれば、発達障害の人はすばらしい社会性を発揮して、幸せな人生を構築できるのです。なぜなら、発達障害の人は、ふつうの人よりも優れた機能をもつ側面もあるので、時に天才的な才能を発揮することがあるからです。発達障害の発生率は、6から9パーセントです。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク