ADHD

アスペルガー症候群

対人関係が苦手なアスペルガー症候群

アスペルガー症候群をかかえる人は社会に出ても、あいまいな指示やメタ言語が理解できないため、職場の人間関係で苦労します。言葉を字義どおりに受け取るという特性があるため、融通が利かないことが多く、さまざまな葛藤を対人関係で生み出します。あいない...
大人の発達障害

大人のADHDは発達障害ではない

精神科医、岡田尊司氏の「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威 (光文社新書)」によると「大人の発達障害(ADHD)」は、遺伝要因よりも愛着障害が原因で起こるものが非常に多く、愛着障害が大人の発達障害の症状を引き起こすということです。 ...
自閉スペクトラム症

発達障害の子供の運動

「自閉スペクトラム症」は、自閉症、学習障害、アスペルガー症候群と呼ばれてきた疾患群をまとめた発達障害の概念です。ADHDを伴う発達障害の場合、しばしば協調運動などが未発達であることが知られています。協調運動が不得手だと、スポーツなどの運動が...
スポンサーリンク
発達障害

食事療法で発達障害を克服する

発達障害には、落ち着きのなさやイライラなど交感神経が優位になっている状態が目立ちます。こうした興奮状態は、漢方やサプリメントで和らげることができます。ハーブなどで、イライラなどの症状が緩和できることがあります。ピクノジェノールは、アスペルガ...
ADHD

ADHDの児童を育てる時の注意点

東北地方のとある小学校での取り組みをご紹介します。この小学校に通う4年生の香織さんは、同じクラスにいる健太くんの問題行動で悩んでいました。健太くんは、ADHDの傾向があり、授業中に教室を歩いたり、授業中の不規則発言が多いなどの問題行動で、ク...
ピクノジェノール

ピクノジェノールはアメリカでもADHDに使われている

ピクノジェノールは、フランス海岸松という松の樹脂成分を抽出したもので、民間療法に使われてきました。糖尿病や心臓病、女性の生理不順や生理痛、更年期障害にも良いとされてきました。このピクノジェノールには発達障害に伴うさまざまな症状を緩和させる働...
食事療法

ADHD、アスペルガー、自閉症スペクトラム障害の食事療法

発達障害が世界的に増加している原因に食べ物が原因していたことがわかってきています。ADHDやアスペルガー症候群のマイナス症状をできるだけ改善するためのおおいなる助けとなるのが食事療法なのです。アメリカには発達障害児専門栄養コンサルタントがい...
ピクノジェノール

自閉症スペクトラム障害とピクノジェノール

日本の歴史上はじめて報告されたアスペルガー事例と されるのが吉田兼好が室町時代に書いた随筆「徒然草」に登場する盛親という高僧です。 アスペルガー症候群(以下、AS)の人は、深い対人関係を築くのが苦手です。 ADHDの場合は人と付き合い...
ピクノジェノール

自閉症スペクトラム障害とピクノジェノール

ピクノジェノールは自閉症スペクトラム障害の人にとって良い成分を含んでいます。脳の過剰な興奮を和らげて気持ちを安定させるのではないかと考えられています。アスペルガーやADHDは自閉症スペクトラム障害という名前にまとめられるようになっています。...
食事療法

アスペルガー症候群は協調運動が不得手

発達障害の一種であるアスペルガー症候群の人は、協調運動が不得手です。縄跳び、球技、スポーツが不得意なのです。この協調運動の不器用さはアスペルガー症候群のほうがADHDよりも顕著です。おそらく小脳の発達が未熟だからではないかといわれています。...
スポンサーリンク