ADHD

ADHDにピクノジェノールと右脳トレーニング

ADHDにはピクノジェノールというサプリメントが症状の緩和に効果があることがわかり、欧米では使われてきています。これはフランス海岸松という松の一種の樹皮からら抽出される成分です。ピクノジェノールは、ADHDの症状の中でも、多動性、不注意など...
農薬汚染と発達障害

農薬が発達障害の原因

ADHDや学習障害などの発達障害の発症に食事の中に含まれる農薬が関与しているのではないかとの研究が欧米の医学的な研究報告で知られるようになりました。それは主に有機リン系農薬を使用した野菜や果物を摂取したことで妊娠中の母親を介して胎児の脳の発...
発達障害

発達障害・右脳ジーニアス42巻セット

発達障害は、脳トレーニングで改善させることができます。脳の訓練をすることで、さまざまな機能が向上するのは、子どもの脳には無限の可能性があるからです。フラッシュカードを使って、で脳を活性化させながら右脳の言トレーニングも並行することで、コミュ...
スポンサーリンク
発達障害

発達障害と呼ばないで

発達障害の中には、両親の育て方がその子どもの特性にあっておらず、そのせいでかえって症状がひどくなるケースもあれば、子どもの特性を伸ばす適切な働きかけができる両親のおかげで、症状がほとんど目立たなくなり、改善するケースの二通りがあることがわか...
発達障害

発達障害のある子どもができることを伸ばす

発達障害の傾向があるとわかったときに、どうやってその子どもを育てるといいのでしょうか。実は、発達障害の子どもでも、適切な知育をすると、基礎能力がどんどん向上して、次第に発達障害の特徴が目立たなくなってくることがわかっています。親子関係を改善...
農薬汚染と発達障害

農薬まみれの野菜で発達障害になる

文部科学省によれば、発達障害の可能性のある小中学校生が、全国で61万3千人もいるそうです。40人に3人の割合になります。発達障害は学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群、自閉症などの疾患ですがこれまで原因がよく...
大人の発達障害

大人の発達障害ではADHDが多い

大人の発達障害が増えているのは、子どものときに見過ごされてきたものが、大人になって診断されるケースが増えているからです。ADHDの場合、成人しても半数以上が症状をそのまま持ち続けているということが、長期の追跡調査などで判明しています。また、...
発達障害

発達障害は発達のアンバランス

脳機能の発達のアンバランスこそが発達障害の本質です。独特な言動が極端な形で繰り返し現れる場合には、社会生活に問題が出てきますが、発達障害の程度が軽くて、言動が独特であったとしてもほとんど問題にならない場合や環境に恵まれて問題化しない場合もあ...
自閉症

自閉症スペクトラム障害の脳内の免疫細胞の働き

自閉症の人の脳では脳内の損傷修復を担う免疫細胞「ミクログリア」が多く、活発になっていることが特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置での検査で明らかになりました。ミクログリアは胎児期に脳に定着すると考えられていますが、このような免疫細胞が活発...
大人の発達障害

大人の発達障害

職場における困った人たちというのはいろいろありますが、たとえば、人の話が聞けない、その場の空気がぜんぜん読めない、こちらの気持ちなどまったく考えないでとにかく一方的にしゃべる、片付けられない、落ち着きがない。やるべきことを平気で後回しにして...
スポンサーリンク