発達障害の子ども

自閉症スペクトラム障害

発達障害の子どもをサポートするためには、まず発達障害のことを十分に理解することが大切です。発達障害は障害というよりも発達のバランスがとれていない個性であるという認識が重要です。診断基準が新しくなっても、従来の分類は有益であり、その種類と特徴をとらえることで、個別の対応法がわかります。未発達な部分を理解することで、適切な対応ができるのです。発達障害は今後、自閉症スペクトラム障害というカテゴリーに分類されますが、周囲の適切な支援法を考えるには、従来の自閉症、ADHD、アスペルガー症候群、LDという分類はわかりやすいものです。治療法や医療機関のかかり方なども本書は解説していますが、学校や幼稚園だけではなく、家庭でのサポートのコツもわかります。両親、保護者の理解があれば、子どもは安定して伸びていきます。幼稚園、保育園、小学校の現場での支援法についてケース別に解説しており、実践的です。


スポンサードリンク

自閉症スペクトラム障害を改善させるには

できないことを責める非共感的な接し方は厳禁です。発達障害の子どもは周囲がその子どもの特性や長所を見出し、それを伸ばしてあげる支援をすると、症状も改善します。進学、就労に向けた支援についても解説しています。アスペルガー症候群、ADHD、LDなど発達障害の子どもに特に重要なことは長所の進展です。その子どもの得意分野をいち早く見つけることが大事です。子どもの特性を正しく理解すれば長所進展が可能です。子どもの特性に合わせた家庭のサポートがわかれば、葛藤やトラブルを減らし、情緒を安定させることができます。幼稚園、保育園、小学校の教員にとっても必読書となっています。教育の現場での支援があれば、子どもはいっそう安定します。もし、周囲が非共感的に接してしまうと、症状は悪化していきます。進学、就労は特に重要であり、その子どもの得意分野に進ませることで社会への適応もスムーズに進みます。不向きなことをさせられることは、発達障害の子どもにとっては、最大の症状悪化の原因となります。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサードリンク