自閉症スペクトラム障害

発達障害の子ども

発達障害の子どもをサポートするためには、まず発達障害のことを十分に理解することが大切です。発達障害は障害というよりも発達のバランスがとれていない個性であるという認識が重要です。診断基準が新しくなっても、従来の分類は有益であり、その種類と特徴...
遺伝子研究

人の性格はDNAで決まっている

最近の遺伝子研究の進歩により、人間の性格を決定する遺伝子について次第に明らかになってきています。これは、発達障害に直接には関連したものではありませんが、性格というものの素因が、遺伝子による影響をある程度、受けている、と考えることはできるよう...
自閉症スペクトラム障害

DSM5の改訂と自閉症スペクトラム障害

ひきこもりの中に統合失調症や躁うつ病そして発達障害の患者がかなりの割合で含まれています。アスペルガー症候群もこの中に含まれています。アスペルガー症候群の患者は、すぐれた才能を持つ人も多いです。環境さえ整えてあげればその才能を発揮し人類社会に...
スポンサーリンク
ADHD

ADHDにピクノジェノールと右脳トレーニング

ADHDにはピクノジェノールというサプリメントが症状の緩和に効果があることがわかり、欧米では使われてきています。これはフランス海岸松という松の一種の樹皮からら抽出される成分です。ピクノジェノールは、ADHDの症状の中でも、多動性、不注意など...
農薬汚染と発達障害

農薬が発達障害の原因

ADHDや学習障害などの発達障害の発症に食事の中に含まれる農薬が関与しているのではないかとの研究が欧米の医学的な研究報告で知られるようになりました。それは主に有機リン系農薬を使用した野菜や果物を摂取したことで妊娠中の母親を介して胎児の脳の発...
発達障害

発達障害・右脳ジーニアス42巻セット

発達障害は、脳トレーニングで改善させることができます。脳の訓練をすることで、さまざまな機能が向上するのは、子どもの脳には無限の可能性があるからです。フラッシュカードを使って、で脳を活性化させながら右脳の言トレーニングも並行することで、コミュ...
発達障害

発達障害と呼ばないで

発達障害の中には、両親の育て方がその子どもの特性にあっておらず、そのせいでかえって症状がひどくなるケースもあれば、子どもの特性を伸ばす適切な働きかけができる両親のおかげで、症状がほとんど目立たなくなり、改善するケースの二通りがあることがわか...
発達障害

発達障害のある子どもができることを伸ばす

発達障害の傾向があるとわかったときに、どうやってその子どもを育てるといいのでしょうか。実は、発達障害の子どもでも、適切な知育をすると、基礎能力がどんどん向上して、次第に発達障害の特徴が目立たなくなってくることがわかっています。親子関係を改善...
農薬汚染と発達障害

農薬まみれの野菜で発達障害になる

文部科学省によれば、発達障害の可能性のある小中学校生が、全国で61万3千人もいるそうです。40人に3人の割合になります。発達障害は学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群、自閉症などの疾患ですがこれまで原因がよく...
大人の発達障害

大人の発達障害ではADHDが多い

大人の発達障害が増えているのは、子どものときに見過ごされてきたものが、大人になって診断されるケースが増えているからです。ADHDの場合、成人しても半数以上が症状をそのまま持ち続けているということが、長期の追跡調査などで判明しています。また、...
スポンサーリンク