大人の発達障害

大人の発達障害

発達障害と適応障害

発達障害の人は、学校や職場の人間関係で苦しむことが多く、その結果として、適応障害になることがあります。適応障害とは、ストレス障害に分類される精神疾患であるとされます。それは家庭における家族関係や、学校、職場などのストレスによって、本人の処理...
大人の発達障害

認知行動療法は受け止め方の訓練

発達障害の人は認知のゆがみを抱えやすく、それが、うつ状態を引き起こしたりする大きな原因となっています。発達障害の人にとって、認知行動療法は非常に有益です。生きやすい思考の習慣を育てるのです。認知行動療法では、きっかけとなった出来事と、それに...
大人の発達障害

大人の発達障害と自閉症スペクトラム障害

「大人の発達障害」という言葉が知られるようになってきました。 発達障害(ADHDやアスペルガー)は、障害という名前がついていますが、 正確には障害ではなくて、個性であると考えたほうが良いとの立場の専門医も増えているのです。 ある専門家...
スポンサーリンク
大人の発達障害

発達障害の人は適応障害になりやすい

ストレスは適応障害の原因となりますが、職場のメンタルヘルスにおいても、 労働者に過剰なストレスを与えないことが重要とされています。 特に発達障害の傾向がある人はストレスへの対処法が未熟である場合が多いです。 その結果、発達障害のない人...
大人の発達障害

うつ病と発達障害

うつ病になる人の中には、発達障害を基礎疾患に持っている人もいます。 発達障害は、ADHDやアスペルガー症候群などの総称です。 自閉症スペクトラム障害という呼称も最近なされるようになってきました。 コミュニケーションが苦手であることが発...
大人の発達障害

発達障害に合併しやすいパーソナリティ障害

発達障害はある種のパーソナリティ障害を合併しやすい 発達障害はいろいろな精神疾患になりやすいですが、 パーソナリティ障害の発症も多くなります。 発達障害のためにおこる人格の偏りが修正できないまま 助長されてパーソナリティ障害...
大人の発達障害

「空気が読めない」人は発達障害の可能性がある

KYと言う言葉がありますが、これは「空気が読めない」という意味です。身近なあの人は実はアスペルガー症候群だった、ということはいまや普通にありえる出来事です。アスペルガーの伴侶をもっている人は、どのように接するとよいのか。自分の夫が発達障害、...
大人の発達障害

働く人のための精神医学

この本は、一冊の新書版の中に、精神医学の全領域を一般人にもわかる形で網羅し、できるだけ専門用語で混乱しないように配慮され、非常にすばらしい本です。経営者、管理職、自営業、コンサル業、カウンセラー、セラピスト、接客業全般といった職種の人、それ...
大人の発達障害

大人の発達障害ってそういうことだったのか

発達障害に関心を持つ精神科医である宮岡等氏と発達障害診療の専門家である内山登紀夫氏が対談の形で、「発達障害って何?」という疑問から、「症状は?」「診断は?」「治療は?」といった臨床的な議論を白黒はっきり語りつくした本です。宮岡先生の問いかけ...
大人の発達障害

大人の発達障害ではADHDが多い

大人の発達障害が増えているのは、子どものときに見過ごされてきたものが、大人になって診断されるケースが増えているからです。ADHDの場合、成人しても半数以上が症状をそのまま持ち続けているということが、長期の追跡調査などで判明しています。また、...
スポンサーリンク