発達障害

大人の発達障害

発達障害と適応障害

発達障害の人は、学校や職場の人間関係で苦しむことが多く、その結果として、適応障害になることがあります。適応障害とは、ストレス障害に分類される精神疾患であるとされます。それは家庭における家族関係や、学校、職場などのストレスによって、本人の処理...
発達障害

発達障害を癒す愛着アプローチ

ADHDやアスペルガーに代表される広汎性発達障害、自閉症スペクトラム障害といった枠組みでとらえられる、いわゆる「発達障害」は、愛着アプローチという方法で生きる上でのさまざまな困難や苦悩からの回復が容易になることがわかってきています。
発達障害

うつ病と診断されるケースに発達障害が含まれる

発達障害の傾向があるために職場や学校で対人関係がうまくいかず、そのストレスから、引きこもるようになり、メンタルクリニックなどで、うつ病の診断を受けて、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方されているケースがかなり多いようです。うつ病と診断されると、...
大人の発達障害

認知行動療法は受け止め方の訓練

発達障害の人は認知のゆがみを抱えやすく、それが、うつ状態を引き起こしたりする大きな原因となっています。発達障害の人にとって、認知行動療法は非常に有益です。生きやすい思考の習慣を育てるのです。認知行動療法では、きっかけとなった出来事と、それに...
自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害と著名人

発達障害は、自閉症スペクトラム障害とも呼ばれ、いわゆる自閉症と広汎性発達障害とアスペルガー症候群のほか、注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)を含んでいます。人口の3%ともいわれており、それ以上に多いとも考えられています。ストレス...
発達障害の子ども

発達障害と愛着障害と人間形成障害

発達障害と愛着障害は大きな関連を持っています。親子のコミュニケーションの中に、安心と受容と肯定があれば、愛着障害になることはありません。発達障害の傾向がある子供も、愛着障害を予防する育て方をすると、症状が緩和されることがわかってきています。...
発達障害の子ども

ゲームやスマホに依存しやすい発達障害の子供を育てるには

ゲーム依存やスマホ依存になる人の中にはかなりの頻度で発達障害を抱える人が含まれます。発達障害はゲーム、スマホ、薬物などさまざまなものの依存症に陥りやすいのです。発達障害の傾向があることを早期に見つけ出し、あらかじめ依存症になることから子供を...
大人の発達障害

大人の発達障害と自閉症スペクトラム障害

「大人の発達障害」という言葉が知られるようになってきました。 発達障害(ADHDやアスペルガー)は、障害という名前がついていますが、 正確には障害ではなくて、個性であると考えたほうが良いとの立場の専門医も増えているのです。 ある専門家...
自閉症スペクトラム障害

発達障害は適職に就くと長所や能力が活かせる

発達障害の人は、自分が興味や関心を持つ分野の仕事を 選ぶようにし、得意な能力が生かせることを重視しましょう。 また、対人スキルがないことを踏まえて、 人を扱う仕事ではなくて、物を扱う仕事が向いています。 あきやすく、継続力が乏しいの...
発達障害の子ども

発達障害の症状を治す育て方

発達障害の子どもをどのように育てると、発達障害の症状が治るのでしょうか。 これまでわかってきたのは、その子どもの持っている長所や特性を認めてそれを伸ばして、 長所進展を主にした子育てをしていくということです。 発達障害とは、「非定型発...