農薬汚染と発達障害

農薬汚染と発達障害

農薬の害を避けることは発達障害の予防につながる

ネオニコチノイド系農薬や有機リン系農薬が発達障害の原因なのではないかといわれています。ネオニコチノイド系農薬というのは新しい農薬です。この農薬も、有機リン系農薬と同じように脳神経を障害します。ぶどうや梨に大量に使われているために、ぶどうジュ...
農薬汚染と発達障害

農薬が発達障害の原因

ADHDや学習障害などの発達障害の発症に食事の中に含まれる農薬が関与しているのではないかとの研究が欧米の医学的な研究報告で知られるようになりました。それは主に有機リン系農薬を使用した野菜や果物を摂取したことで妊娠中の母親を介して胎児の脳の発...
農薬汚染と発達障害

農薬まみれの野菜で発達障害になる

文部科学省によれば、発達障害の可能性のある小中学校生が、全国で61万3千人もいるそうです。40人に3人の割合になります。発達障害は学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群、自閉症などの疾患ですがこれまで原因がよく...